伝え方の難しさ・

 

(ADHD克服にむけて僕が実践する、自然体の自分の磨き方)
こんにちは。ナチュラリーゼ ・メンタルサポーターのトムです。
大人のADHDですが、症状の緩和・手帳の返納を目指し、健常者以上に社会に貢献出来る様に日々切磋琢磨しております。

 

最近、昔を思い出して一眼レフを新調し使い出しました。
ファインダーを通して、自分が思い描く絵が撮れた時はとても嬉しいです。僕は素人なので、意図した絵を表現するのが上手く無く、悪戦苦闘しています。
これも、楽しみの一つですがね・・・!

 

1年前に比べて、対面で人と話す機会がずいぶんと減ってきました。
時代の流れで、オンラインミーティングが増えてきましたね。
そんな中で、改めて思う・・・

 

誤解が無く、言葉を使って自分の気持ちを相手に伝えることの難しさ!

 

大人のADHDの僕の傾向としては、
直感的な感覚を、うまく相手に伝わる言葉に変換するのが苦手。
いわゆる翻訳が苦手なんです。
自分が感じたことを、自分の言葉で話すために、時には僕が意図した通りにならなくて・・・
いわゆる、ミスコミュニケーションを起こしてしまいます。
皆さんはどうですか?
自分が伝えたいことが相手に正確に伝わっていますか?
リアルに人と会えない状況が続いている中で、正確に伝えることの大切さを実感しています。

 

本音を言うと、
リアルで会って、その人が発するオーラやその場の空気感を感じながら会話するのがとっても大好きですし、どちらかというと得意です。
ただ・・
ミスコミュニケーションは避けたいですが、自分の本音を押し殺して相手に迎合することはよくありません。このことについては改めてブログに行ってみようと思います。

 

伝え方の難しさを感じていながらも、僕が実践していることは、
あまり先読みをせずに、その中で相手を尊重しながら、高級ホテルのフロント係の様な穏やかな口調で話すこと。
更に、穏やかになるために、いつでも自分の感情と向き合うこと。

 

そのために、バッチフラワーレメディーを使っています。
これは薬では無く、副作用無し。
感情をコントロールしてくれる、言わば常備薬的な存在。
大きな声じゃ言えないけど、特にいつも携行している『レスキューシリーズ』はパニックに陥ってる人や、何か緊張した時などにとても効果が期待できますよ!
慣れない在宅勤務やテレワークでのTV会議などで、緊張してしまう場面では、あらかじめ『レスキュー』を取り入れておくと良いですよ(クリームやスプレーもあるのでTPOに合わせて使えるので、とても便利!)

詳しくは僕のネットショップをご覧いただければと思いますし、メッセージをいただければありがたいです。

 

最後に、
ブログをお読みくださっている
同じADHD(特にグーゾーン)という境遇を持った方や、
その方をサポートする人への感謝の気持ちとして、
『オンラインで個別の20分間無料お話会』を期間限定(先着順)
ですることにしました。
先程も話しましたが、本当は直接お会いしたいところですが、
オンラインですので、プライベート感と気軽さを体感出来るのではないでしょうか?^^
・・心の底から逆境に立ち向かいたい方、
・・社会に貢献したい人
・・何と無く?モヤモヤしている方
限定になりますが・・・^^
僕なりのホスピタリティーを持って、対応させて頂きます。
詳細(簡単なお申込みフォーム)は、後日こちらのブログにてお伝えしますので、楽しみにしていて下さい。

 

また、
ホリスティックサポートLAKAからのコーチングやカウンセリングを受けて
今の僕があります。こちらも是非ともご覧くださいね。

最後までお付き合い下さいまして、
本当にありがとうございます。それでは、
心の底から・・・
明日も皆さんにとって、良い一日でありますように^ ^

 

ありがとうございます!
おかげさま、
今日も私は運がいい~
ついてる!ついてる〜!

 

ランキングの順位があがると、
より多くの方に、僕の思いをお届けすることが出来ます。
気になるバナークをクリック、応援を宜しくお願い申し上げます。
↓ ↓ ↓ ↓
日本ブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ

もしくは

現在のランキングです!

関連記事

  1. 『ADHDギフテッドを目指す、僕とコーチの物語・第10節』

  2. シンプルが一番!

  3. 『ADHDギフテッドを目指す、僕とコーチの物語・第8節』

  4. やられたら、やり返す・

  5. 『切り替え上手人間』へのtake off

  6. 目には見えない心の繋がり(ADHDが実践する自然体の自分への考え方)

  7. 意図を持って・・こだわって・・・

  8. 幼い頃の自分の思い(ADHDが実践する自然体の自分への考え方)

Facebookグループ

公式Facebookページ

公式ネットショップサイト

帆足ベークライト公式サイト

ACCESS

ARCHIVES

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。