たまには縄跳び、いいですよ(ADHDが実践する自然体の自分への考え方)

 

こんばんは、大人のADHD・手帳保持者のトムです。
少しでも大人のADHD当事者の方が、
『自然体の自分』になれる様にと、ブログを綴っております。

今更ですが・・・ラグビーに続いて、
男子バレーボールも凄かったですね。

 

 

 

 

先ずは何より、相手チームに対して敬意を表します。
勝負の世界ですから、負けた相手があって勝つと言うことですよね。
負けた相手に対して、何よりも

 

 

 

 

心の底からありがとう

 

 

って敬意を払いたいですね。
いや〜
それにしても28年ぶり・・・
当時を思い起こすと、中垣内監督が現役だった頃。
バブルが弾けて、なんとなく暗かった中で、
一筋の光を与えてもらったことを、記憶してます。

 

 

 

 

それにしても、
バレーボールの選手の打点の高さ凄いですね
僕はバスケットボールをやっていたのですが、
今でもそうかなぁ〜?
リングの高さは3メートル5センチ
それよりも、はるかに高い所からのスパイク
かっこいいですね。

 

 

 

 


僕の中でのADHDの神様
マイケルジョーダンのダンクシュートに憧れてました。
跳び箱の踏み台を、バネがわりに
ダンクシュートの真似?をよくやってました。

 

 

 

 

どんなスポーツでも一流選手には
強靭なバネ
があるように思います。

 

 

 

 

バネには、
引っ張る力・引き戻す力
それぞれに大きな力があります。

 

 

 

 

皆さんも、トランポリンの上で跳ねているように、
ぴょんぴょん〜〜!!
って、上に向かって
どんどん跳ね上がってください。

 

 

 

 

最近では、スポーツジムで
トランポリンの様な
バウンド系のエクササイズが流行ってますね

 

 

 

 

もし可能ならば、無理のない程度に
縄跳びをするといいかもよ
縄跳びをしていると・・・・・
気持ちが、どんどん〜どんどん〜
上向き前向きになって行きますよ。

 

 

 

 

気分も明るくなりますよ!!

 

 

 

ありがとうございます!
おかげさま、
今日も私は運がいい~
ついてる!ついてる〜!

 

最後までお付き合い下さいまして、
本当にありがとうございます。
自然体の自分を意識して、
バッチフラワーとtDCSとヨガを上手く取り入れて

大人のADHDの日常を送っている・トムでした。

 

 

決して競争する訳では無いですが・・・
ランキングの順位があがると、

より多くの方に、僕の思いをお届けすることが出来ます。
気になるバナークをクリック、応援を宜しくお願い申し上げます。
決してご迷惑はお掛け致しませんので。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓   

関連記事

  1. 誰でも出来る!歩き方(ADHDが実践する自然体の自分への考え方)

  2. 大切なのは・・自らを信じること

  3. 足指のストレッチ〜!(ADHDが実践する自然体の自分への考え方)

Facebookグループ

公式Facebookページ

公式ネットショップサイト

帆足ベークライト公式サイト

ACCESS

ARCHIVES