今の自分が出来る所まで!^^(ADHDが実践する自然体の自分への考え方)

 

 

こんばんは、大人のADHD・手帳保持者のトムです。
少しでも大人のADHD当事者の方が、
『自然体の自分』になれる様にと、ブログを綴っております。

出来る所まで〜!
ってよく言われたことありません?
逆に他の人に言ったことありません?

 

 

 

その、
出来る所まで
っていう
所って!どこなんでしょう?

 

 

 

何気なく使っているこの言葉、
意外に考えると難しい

 

 

 

出来る所まで、
出来る限り
って、考えすぎかもしれないけど
場合によっては
自分を守るために使ったりしてないかな?
初めから、相手の期待には添えませんが~
みたいな!笑笑

 

 

 

僕は、
何かナナカマドから指摘された時に、

とっさに『出来る限りね〜!!』
って、
初めから自分を守る言い方をしてしまうよ!笑笑

 

 

 

今ではやっていないけど、
フルマラソンをやっていた時なんかは
あそこの交差点まで走ろう!
あの電柱まで走ろう!
って、何か具体的な目標があったから・・
走れたのかな〜?

 

 

 

 

それ以上に、見知らぬ沿道の人の
応援があったからからだけどね!!

 

 

 

 

 

場合によっては
数字とか他の人でもわかるような
具体的なものを指示すると、
逆に自分のキャパを超えてしまう
場合もあるから難しいけどね。

 

 

 

 

 

僕が思うに、
出来る所まで、
出来る限り
って、自分から言う時は・・・

 

 

 

 

今の自分が
本当に心の底から満足できる状態まで
って、言える所が

 

 

 

 

そこなのかなぁ〜?って思うよ!

 

 

 

 

人それぞれ出来る所、出来る限り
の意味する場所が違うと思うし、
要は、
その人その人が本当に納得が行ってるか?
心の底から満足しているか?

 

 

 

 

本当にその状態なのか?
大切なんじゃないかなぁ〜って思う!

 

 

 

 

小さなお子さんに対してだったら・・・

 

 

 

 

『〇〇ちゃんが・・・
本当に楽しくて、満足する所までやってね〜!』
っていう言い方になるのかな〜?^^
余計に難しいかな〜?!

 

 

 

 

 

甘えさせ過ぎは良くない。
かといって、追い込み過ぎたら
もっと良く無い!!
加減が本当に難しいね。

 

 

 

 

 

今の自分が心の底から満足出来る所

 

 

 

 

これが本当の出来る所、
出来る限り
じゃないのかな〜^^

 

 

 

 

 

あいかわらず・・・
何が言いたいのか?
わかりづらい文章になってしまいました。
ごめんなさい  m(_ _)m
自分でも、
訳分かんなくなっちゃた〜笑笑

本当に、
僕って文章書くのが下手なんで~

 

 

 

 

 

僕なりに出来る限り!!
書いてみました  笑笑

 

 

今日も一日お疲れ様でした。
明日も
今日よりも、もっと
明るく楽しく笑って過ごしましょう^^

 

(今日のバッチフラワーの2滴)
17番:ホーンビーム(西洋しで)
ja.wikipedia.org/wiki/シデ
(出来る限り!の為のこの2滴)

 

 

 

ありがとうございます!
おかげさま、
今日も私は運がいい~
ついてる!ついてる〜!

 

最後までお付き合い下さいまして、
本当にありがとうございます。
自然体の自分を意識して、
バッチフラワーとtDCSとヨガを上手く取り入れて

大人のADHDの日常を送っている・トムでした。

 

 

決して競争する訳では無いですが・・・
ランキングの順位があがると、

より多くの方に、僕の思いをお届けすることが出来ます。
気になるバナークをクリック、応援を宜しくお願い申し上げます。
決してご迷惑はお掛け致しませんので。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓   

関連記事

  1. これから繋がる『ありがとう』(ADHDが実践する自然体の自分への考え方…

  2. チャレンジャー

  3. エブリデイ~!プレミアム^^

  4. リスクヘッジとの同居(ADHDが実践する自然体の自分への考え方)

  5. 今年も一年、ありがとうございます^^(ADHDが実践する自然体の自分へ…

  6. 他の人にも配慮したいね!^^(ADHDが実践する自然体の自分への考え方…

  7. 自然の流れに乗って(ADHDが実践する自然体の自分への考え方)

  8. 悩みは尽きないな・・・

Facebookグループ

公式Facebookページ

公式ネットショップサイト

帆足ベークライト公式サイト

ACCESS

ARCHIVES